ローコストな戸建て

厚木でローコストな戸建てを建てる方法

最近、ローコスト住宅を目にするようになりました。ローコスト住宅とは、概ね、一千万円以下で建築できる住宅を指すといわれます。以前は、新築の家だと二千万円以上はすると言われていましたが、なぜこのように安い価格で家が建てられるのでしょうか。

大きな要因は、長期の不景気による収入の減少により、戸建てを建てる人が減ってきているというところにあります。高い住宅ローンを返済していくだけの収入が無いので、新築の戸建ては購入できない、中古住宅で我慢しようという人が増えている現状があります。

特に最近の若い人は、収入の少ない中でやりくりすることに慣れてしまっているので、無駄と思うものは買わない、という考えが浸透しています。バブル期のように、ステータスだけで高価なものを購入するような感覚はあまりありません。

その為、住宅メーカーは、新築の家を買ってもらうために、徹底的なコストダウンを行い、ローコスト住宅を生み出しているのです。

その要因は、材料と建築方法にあります。高価な木材を使うのではなく、安価で必要な強度のある木材を使用し、また現場で時間をかけて組み上げるのではなくできる限り工場で組み立てることで、時間も費用もかけずに製造することが出来るようになりました。

最近では、契約された後工場内で一度家を組み立てて、耐震試験や降雨試験、耐風試験などを行った後、再度解体してトレーラーなどで現地に運搬しくみ上げるといった方法をとることで、高い品質と低価格を維持している住宅メーカーもあります。

また、設計費用についても家を各部分に分割して設計をしておき、必要に応じ組み替えるようにすることで削減する方法もとられています。その結果、快適で安価な新築の戸建てが可能となったのです。

厚木の住宅地に新築の戸建てを建てる場合でも、ローコスト住宅の利点を生かして安価に新築で建てることが可能です。厚木の住宅地のような区画の比較的狭い土地の中では、その土地に合わせた大きさの家を設計する必要がありますが、事前に設計されたものを上手に組み合わせを行うことで、その広さに合わせた注文住宅のような戸建てが可能になります。

また、近隣の住宅の外観に合わせた外壁や外観も選ぶことである程度厚木の住宅街に違和感のない外観にすることが出来ます。

ローコスト住宅は経済的環境の変化に適応した住宅メーカーの努力の成果ととらえることが出来ます。そして、その住宅は決して安かろう悪かろうではなく、コストを掛けずに快適な戸建てに住みたいという人たちの願いをかなえた理想的な戸建てでもあるのです。”