厚木の戸建てを選ぶなら

厚木の戸建てを選ぶなら玄関の広さで

戸建てを選ぶ際に拘る部分は人それぞれです。部屋の間取りを重視する人もいるでしょうし、家の向きを最優先に考える人もいるでしょう。そのほか、大きさ、価格、階数など。周辺環境や立地条件も気になります。

その中でも、特に注目して欲しいのが玄関です。この部分は家の顔ともいうべき大切な部分です。そしてその広さは、その家の主人の社交性を表すともいわれています。

そのため、家の入り口であり、その家に出入りする際には必ずと言っていいほど通る場所であるこの部分に非常に拘る人も多いのです。
また、人に見せたいものを飾る人も少なくありません。趣味の絵や花、子供や孫の写真など、自慢したいものを飾りたくなるものです。

その為、人の家にお邪魔した時、玄関の様子で家の様子や、主人や家族の人となりを判断する人も少なくないようです。また、その広さにも主人の拘りを感じます。広いとなぜか嬉しくなってしまうものです。そしてそこの場所で挨拶を交わすという行為が非常に清々しい感じを受けるものです。

さらに、厚木のような住宅地では、近隣の付き合いが非常に大切です。近隣の方が見えてお話をされたりすることもあるでしょう。その時に玄関が広いと、中に招き入れて話もできますし、印象も非常に良いものです。逆に狭いとどうしても外で話をするようになり、早く帰ってほしいという印象を持ってしまいます。

もちろん、意識してそのようなことをしているのではない場合の方が多いでしょうし、家の間取りの関係で結果的にそのようになっている場合もあります。特にこだわっていないのかもしれません。しかし、相手としては、どうしても勘ぐってしまいたくなるものです。近所付き合いにはこのような難しい部分もあります。厚木のような住宅地で戸建てを選ぶ場合には、このような部分への注意も必要なのです。

厚木の中古の戸建ての中には、比較的玄関が広い家が少なくありません。特に古くからの住宅地にある戸建ては広く、非常に社交的な印象を受けます。

その為、中古の戸建てなどで広さが足りない場合には、アプローチを整理して広く見せたり、中の収納を工夫してできる限りのスペースを確保する、または鏡を使って広さを演出するなどの手法をとっている家もあります。

このように戸建てを選ぶ場合には、その場所で生活していく上での人との交流も意識する必要があります。その為、家の持つ社交性を示す玄関の広さも意識して選ぶ必要があります。”