屋根裏も重視しよう

厚木で戸建てを建てる際には屋根裏も重視しよう

厚木のような狭い住宅地に戸建てを建てる場合には、家を広く使うために屋根裏のスペースを上手に利用することを考えるのもよいでしょう。

人気のある住宅地の場合、どうしても一区画の広さが限られており、あまり大きな戸建てを建てることはできません。ならばと三階建を考える人も多いのですが、厚木のようなじゅうたくが隣接している住宅地ではあまり高い住宅も少ないため、隣の家の日照権などの問題もありそう簡単にはいきません。そのような場合、上手に収納スペースや部屋の間取りを考える必要があります。

その利用方法の一つとして、屋根裏を寝室にしたり、収納場所として利用する人が増えているのです。

日本の家は雨風が多く、また冬には雪が降ることも珍しくないため、屋根に傾斜をつけた構造の戸建てがほとんどです。

その為、部屋の天井を水平にしようとすると、天井と屋根との間に空間が生まれます。古民家や大きな家では天井がなく、屋根の傾斜がむき出しになっていたり、天窓を付けて吹き抜けにしている家もありますが、このような贅沢な空間を作るには収納や居住空間をある程度犠牲にしないと難しく、一般的にはあまりありません。

その水平になった天井と屋根の間のスペースを上手に利用することで、思いもよらない空間が生まれます。この空間を収納として利用したり、居住できる部屋とすることで、外見はあまり近隣の住宅と変わらない外観でありながら、一般的な家にはない利用スペースが出来るのです。

最近では、屋根裏を積極的に利用した既成の戸建てもハウスメーカーからたくさん出ています。そのほとんどが屋根裏を三階建の部屋のような扱いで内装やつくりも非常にほかの部屋と変わらない空間としています。

天井の低さや、天井が屋根の裏側になるため傾斜しているという点はありますが、高さが低い点を逆に利用して小さい子供の子供部屋としたり、明り取りの天窓を配置して星空を楽しんだりといった空間に利用する人も多いようです。

厚木の住宅地のような家が隣接している住宅地では、あまり近隣に比べて極端に高い戸建ては近隣の日照権やその他の問題を引き起こすため、積極的には建てられないことが多いものです。

そうすると、例えば三階建の戸建てを建てようとしても、なかなか難しく、高さを二階建て程度に抑える方が近隣トラブルも防げるものです。しかし、広い空間は確保したい、そんな時には屋根裏の有効利用をすることで、三階建に近い空間が確保できるのです。”